お酒チョイ飲みブログ

生活を彩るお酒やカクテルの情報を発信

ワイン

【チリワイン】関税は?輸入がフランスを越えて4年連続第1位に!

チリワイン

皆さんはワインはお好きですか?

ワインは好きだけど値段も高いし

どのワインが美味しいのかあんまりわからないという方

安心してください!正直僕もあんまり分からないんです^^;

 

そんな僕でもおススメ出来るワインはあります!

それが今回紹介する安くて美味しい

チリワイン!

チリワインとは?

チリワインとは名前の通りチリが原産国のワイン

皆さんももしかしたら目にしたことがあると思うけど

スーパーとかに行くとアルパカとか

猫(実はピューマ)がパッケージに書かれた

安いワインが置いていないですか?

それがチリワインなんです!

 

2007年に日本とチリとのEPA協定なるものが結ばれて

2015年からはなんとフランスの輸入量を超えて第一位となり

現在まで4年連続のトップとなっています!٩( ”ω” )و

 

チリワインの値段が安い理由は?

チリワインの特徴としては何と言っても安い!

でも「安いワインってその分

あんまり美味しくなかったりするんじゃないの?」

とか思う方は多いんじゃないでしょうか?

 

でもチリワインがお安く手に入るのには

ちゃんとした理由があるんです!(=゚ω゚)ノ

 

チリワインの製造に掛かる費用が安い

チリワインは名前の通りチリが原産国で

チリといえば南米の西側にある細長いあの国

 

そこでは広大な敷地があり

もともとワインの生産を富裕層が行っていたこともあって

大規模生産が可能で生産効率が高く

また人件費においてもアメリカや欧州と比べるとまだまだ安いので

他のワインと比べても生産コストがグンと抑えられる!

ワインの関税を減らしていくEPA協定

上でも少し触れましたが日本とチリとでは

経済連携協定(Economic Partnership Agreement)

《関税撤廃や非関税障壁の引き下げなどの通商上の障壁の除去だけでなく

締約国間での経済取引の円滑化、経済制度の調和および

サービス・投資・電子商取引などのさまざまな経済領域での

連携強化・協力の促進などをも含めた条約》

略してEPA協定というものが結ばれているんです!

 

このEPA協定のおかげで関税が安くなり

大量に仕入れることが可能となって

その分ワインの値段も下がっていくことに繋がるんですね!

 

そしてなんと2019年の4月には日本・チリ間において

ワインの関税が完全撤廃されたんです!ヾ(≧▽≦)ノ

 

これらの要因があることによってチリワインが安く仕入れられるので

チリワインは安いからあんまり気が進まないと言っていたあなた!

是非この機会にチリワインを手にとってみてはいかがでしょうか?!

チリワインが美味しい理由は?

チリワインがお安く手に入るのは

上の説明で少しは分かってもらえたかなと思うんだけど

じゃあ何故美味しいと言えるのか?

それを簡単に紹介していきますね!

 

ワインの原料となるブドウの栽培に適した環境

チリはとてもブドウの栽培に適した環境なんです!

 

チリの首都のサンディエゴはワインの銘醸地として有名で

その土地柄から昼夜で程よく寒暖の差があり

乾燥した土壌でブドウはゆっくりと熟成していきます

 

またブドウは雨に打たれると劣化してしまうんだけど

降雨量が少ないことから品質劣化しにくく

日照時間が長いのでブドウの熟度が上がり

高品質のブドウに育つんですね!

 

ブドウの木の天敵となる害虫がいない

チリではチリワインを作るのにヨーロッパから持ち込まれた

ヨーロッパ系のブドウの木を栽培しているんです

 

その昔、世界中でブドウの木の根に寄生して

木を枯らせてしまう「フィロキセラ」と呼ばれる

害虫が大量に発生して

ヨーロッパ系の木が中心に壊滅的な被害を受けたんだ

 

ヨーロッパ系の木は害虫に強い別の木に

接ぎ木をすることによって一大事は免れたんだけど

チリは地形的に他の国とは孤立していたため

その害虫の被害を受けずに

かつてヨーロッパで栽培されていた木を

そのままの形で残している貴重な国なんです!

 

そして害虫がいないためブドウの木は

ほぼ無農薬でオーガニック栽培されているので

農薬を使っている木と比べてもはるかに安全で

美味しいワインが作られるんですね!٩( ”ω” )و

 

人の手による丁寧な製法

チリワインが安い理由のところでも書きましたが

まだまだ人件費も安いため人々の手によって醸造されるので

昔ながらの丁寧な作り方で今でも製造されているんです!

 

気候や環境に恵まれたチリの大地で

一つ一つ人の手によって作られるワインが

不味くなることはないですよね(*´ω`*)

 

おすすめのチリワインを紹介!

チリワインが安くて美味しい理由を挙げてきたけど

色んな種類があればどれを飲めばいいかわからないよね?

そこで最後におすすめのチリワインを紹介します!

 

SANTA-CAROLINA【サンタ-カロリーナ】

サンタ

1875年ルイス・ペレイラ・コタポス氏により設立

1889年にフランスで開催された『世界万博』で

金賞を受賞しチリワインが世界的に認められる先駆けとなる

 

フランス人建築家エミリオ・ドワイエール氏によって

デザインされたワインセラーは

チリの国定記念建築に指定され現在でも使用されている

 

とざっくり説明したけど約150年前から始まった

比較的新しいチリワイン

だけどその美味しさは世界からも認められ折り紙付き!

 

そんなサンタ・カロリーナの中でも

日本のサントリーと共同開発して作られたのが

 

【サンタ・プレミアム】

日本人の味覚にこだわって日本人のために作られたワイン!

 

赤ワインのサンタプレミアム

【カベルネ・ソーヴィニヨン】

白ワインのサンタプレミアム

【シャルドネ】

そしてサンタプレミアムの【ピノ・ノワール】

と揃えられた3種類で

通常のサンタ・カロリーナよりも少し値は張るものの

それでも安くて美味しく味わえるので

一度は飲んでみて欲しいワインです(*^^)v

 

-ワイン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大坂城で一杯500円⁈【シャンドンロゼ2019エディション】

もくじ1 【シャンドン ロゼ BY トモユキ ヨネヅ 2019エディション】2 米津智之ってどんな人?3 【Shandon ROZE】のアルコールや容量は?4 CHANDON ROSÉ を飲んでみた! …

ワイン

ワイン【スプリッツァー】その味は?炭酸割で美味しいカクテルに!

【スプリッツァー(spritzer)】お酒が弱い女性にもおススメ!炭酸でワインをカクテルに!
【ティントデヴェラーノ】もおすすめです!

ボジョレーヌーヴォー

ボジョレーヌーボーとは?解禁日や賞味期限、美味しい飲み方を紹介!

毎年11月の第3木曜日に解禁されるボジョレーヌーヴォー!いつものワインとは違ったボジョレーヌーヴォーの美味しい飲み方やラベルには書かれていない賞味期限などについて紹介していきます!

名前:九兵衛

お酒のことや飲み方について
紹介していきます
スローペースですが
よろしければ参考にしてください
(=^・^=)