日本酒

日本酒の味は地域や水でも変わる?それぞれの特性について

日本酒用1.jpg

日本酒は分類上、実はビールやワインと同じ

醸造酒というものに分類されます!

 

醸造酒とは原料(日本酒ではお米と米麹)を

発酵させるだけで飲めるお酒であり

そのため歴史も古く

多くの人に愛されてきたお酒です

 

現在ではさまざまな製造工程を経て

醸造酒や吟醸酒、大吟醸など

 

要件の定められた特定名称酒や

それ以外の普通酒に分類されますが

材料や精米歩合だけではなく

各地域の気候や風土

そこに流れる水や造られるお米によっても

その味わいが大きく変わってきます。

 

 

~地域性の違い~

大きく分けると東北や

北陸などの雪の降る寒い地域では

淡麗ですっきりとしたお酒になりやすい。

西日本では山田錦や雄町といった

酒造りに適した”酒造好適酒”があり

味が濃くしっかりしていて

深みのあるお酒になるといわれています。

 

また山側で造られたお酒は山菜と

相性のいいフルーティなお酒が多く

海側で造られたお酒は白身魚と

相性がいい淡麗辛口の多い傾向にあるようです。

 

~水質による違い~

水は日本酒を造る上で

最も重要なものの一つですよね!

「銘醸地に名水あり」と言われるほど

酒蔵と水は切っても切れない関係にあります。

昔から”灘の男酒、伏見の女酒”と呼ばれ

硬水を使ったお兵庫のお酒は辛口に

軟水を使った奈良のお酒はまろやかになるなど

水質の差によっても

その味わいは大きく変わってきます。

 

このように地域性や水質の差などにより

お酒の特徴が大きく変わります。

ざっくりとした説明ではありましたが

旅行等で各地に出掛けられた際

日本酒選びの参考にしていただけると

美味しい地酒に

巡り合えるかもしれませんよ(*^^)v

 

 

 

アドセンス 記事下

アドセンス 記事下

-日本酒

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

雪中熟成

美味しい日本酒が飲みたい?通からもらった隠れた銘酒【雪中熟成】

僕の奥さんには酒飲みの友達が多い その中でも山形には 美味しい日本酒を毎日飲み歩く猛者がいて 今まで数えきれないほどの 日本酒を飲んできている そんな人から美味しいお酒を頂いたので 紹介しようと思う! …

平安福酒

平安神宮横でしか買えない!?ご利益満載の神酒!

先日観に行ったゴッホ展の帰り 平安神宮の横にある 『十二十二』と書いて『トニトニ』 と呼ばれる お土産館のような建物に寄ってみた! もくじ1 十二十二で見つけた神宮酒場(酒Bar)2 純米吟醸無濾過生 …

秋の夜長に”ひやおろし”

お久しぶりです! なかなか更新出来なかったのですが 少しづつでも更新していけるように頑張ります!!   本日は季節が秋になったことなので 秋らしく”ひやおろし”を紹介していこうと思います & …

日本酒の起源~口噛み酒ってどんなお酒?

  日本酒の起源 それは古く、稲作が伝わった 縄文・弥生時代になる   そのころは当然複雑な 製造工程があったわけではなく 巫女さんがお米を口で噛み それを土器等に溜めることで 自 …

IWC

世界が認めた!2018年でもっとも注目すべき日本酒とは?

【出典:https://jp.sake-times.com/special/news/iwc2018_championsake】 世界で最も影響力があると謂われる ワインの品評会IWC (インターナシ …

名前:九兵衛

お酒のことや飲み方について
紹介していきます
スローペースですが
よろしければ参考にしてください
(=^・^=)





世界一を受賞した焼酎がまさかの
3本セット!
今しかない君のご両親への感謝の気持ち
をこのお酒で!